タダノのものづくり Product Lifecycle

ご応募/お問い合わせ

#01調査:お客様がどんなクレーン車を求めているかを調べます。サービスエンジニアや営業、時には開発も作業現場へ足を運び、担当者やオペレーター(運転手)にヒアリングします。

#02企画:営業、開発、生産技術、サービスエンジニアなどで構成されたプロジェクトチームを結成し、調査した結果を基に、新型クレーン車を考案します。

#03図面作成:開発するクレーン車の概要が決まったら、CADを用いて設計図を書き起こします。部品の製造方法や、作業工程が把握できる工程図も作成していきます。

#04試験:図面を基に試験機を製作します。試験機で実際に荷物を吊るしたり、クレーン車の最大安定傾斜角度の測定など、様々な試験を行ないます。

#05生産:試験で得られた結果を反映し、販売用の新型クレーン車の製造を始めます。協力工場で製造されたコンポーネント、エンジン等の購入資材部品、自社設計コンポーネント等、様々な部品・コンポーネントに溶接・機械加工などを施して、クレーン車へと作り上げていきます。

#06発売:新型クレーン車が完成したら、販売価格を設定して、社内外へリリースします。

#07商談:営業がお客様に新型クレーン車をご提案していきます。クレーン車の性能を表示したカタログや仕様書などの資料などを用いて紹介します。商談が成立したら、お客様のご要望に合わせ、塗装やオプションを決定していきます。

#08納車:工場内で塗装を施したら受注したクレーン車の完成です。お客様のもとへお届けし、サービスエンジニアが操作方法や点検方法などをご説明します。

#08サービス:定期点検や修理は基本的にサービス工場のスタッフが対応しますが、状況によっては、タダノのサービスエンジニアもお客様のところへ伺い、対応します。

このページの先頭へ