環境・CSR

事業活動 環境への取り組み

タダノグループは、地球環境を保全し持続可能な社会づくりに貢献するための取り組みを推進しています。2008年には環境マネジメントシステム「ISO14001」の認証を取得し、製品のみならず事業活動においても環境負荷低減への取り組みを進めています。

取り組みのご紹介

太陽光パネルの設置(志度工場)

太陽光パネルの設置(志度工場)

日本でも有数の日照時間を誇る香川県ということで、志度工場屋上に2000平方メートルの太陽光パネルを設置しています。最大出力は260kwで、年間およそ22万kwhの発電量を見込んでいます。

バージ船を使った製品輸送

バージ船を使った製品輸送

2008年、志度工場に隣接する港を整備し、バージ船を利用した製品輸送を開始しました。工場から直接製品を船へ積み込み出荷することで、コスト削減や品質向上とともに、CO2排出削減にも貢献しています。

モーダルシフト・通い箱の導入

モーダルシフト・通い箱の導入

北海道、東北、九州の各部品センターへの補充部品の発送に、2006年から「モーダルシフト」を導入し、トラック輸送から鉄道輸送に変更することで、CO2削減に努めています。また全国の指定サービス工場への部品発送には、生分解性プラスチックを用いた「通い箱」を導入し、段ボールなど梱包材の削減にも努めています。

カチオン電着塗装の導入

カーゴクレーンを製造する多度津工場では、複雑な構造物も均一に塗装可能な「カチオン電着塗装」を下地塗装で採用しています。揮発性有機溶剤を使わないことで環境負荷の低減にもつながります。

「省燃費運転マニュアル」の配布

ラフテレーンクレーンの走行・作業について「省燃費運転」のノウハウをマニュアルにまとめ、お客様に配布しています。※「排出ガス規制」「自動車リサイクル法」への対応なども含め、詳しくはこちらをご覧下さい。

廃天ぷら油の再資源化

志度工場・高松工場の社員食堂では、2009年から食堂の厨房と社員の家庭から出た廃天ぷら油を回収し、そこからバイオディーゼル燃料を精製する取り組みを行っています。

次世代型省エネ船「ウィンドチャレンジャー計画」へ参加

次世代型省エネ船「ウィンドチャレンジャー計画」へ参加

風力エネルギーを最大限に利用した帆主機従船(帆を主体に推進機が補助する船)の産学共同開発プロジェクト「ウィンドチャレンジャー計画」に参加。東京大学、海運3社、造船会社、日本海事協会などと研究を進めており、当社は伸縮スパー(硬翼帆の伸縮装置部)の研究を分担しています。2013年には陸上で実証試験を始める予定です。

【法令に基づく開示】

> 化学物質適正管理計画書

タダノグループ 環境方針(2008年制定)

人と機械と環境の調和を図り、幸せな社会づくりに貢献します

  1. 環境に配慮した行動を大切にします
    各自の自覚が継続的な取組みと改善への第一歩であると考え、全従業員への啓発と日々の一人ひとりの小さな取組みを大切にします。
  2. 環境にやさしい製品を開発します
    タダノグループの製品は、その使用自体が環境に影響を与えることを認識し、低燃費、低騒音等、ライフサイクルを通じて環境にやさしい機械の開発に努めます。
  3. 環境に配慮した事業活動に務めます
    すべての事業プロセスにおいて、省資源、リサイクル、環境汚染予防等を通じて環境への負荷軽減に努めます。
このページの先頭へ