クッキー(Cookie)の使用について

本サイト(www.tadano.co.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、Webサイトにおける個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

Lifting your dreams
検索

社会

「創造・奉仕・協力」の経営理念にもとづき、"タダノにしかできない社会貢献"を通じて、社会のお役に立てればと考えています。

社会への約束

文化財修復・学術支援

タダノらしい社会貢献の1つとして「文化財修復支援」が挙げられます。「クレーンがあれば、倒れたモアイ像を起こせるのに」という現地の呼びかけに応える形で1988~96年、「モアイ修復プロジェクト」に取り組みました。また2007年には奈良県の「高松塚古墳石室解体」で専用治具の開発など技術支援を行い、2018年2月に「ものづくり日本大賞」の経済産業大臣特別賞を受賞しました。2008年にはカンボジア・アンコール遺跡修復のために製品を寄贈しました。
そして2019年は、創業100周年記念事業として、京都大学・花山天文台への支援とチリ・イースター島への3台目のクレーン寄贈を行います。花山天文台は太陽の観測で世界的に有名で「アマチュア天文学の聖地」としても知られていますが、2018年に同じく京都大学の岡山天文台が新設され閉鎖の危機を迎えていました。そこで「一般財団法人 花山宇宙文化財団」を設立し、今後10年間にわたり毎年1千万円を寄付します。この支援を通じて、タダノは天文学分野への社会貢献にも取り組みます。

モアイ修復プロジェクト

モアイ修復プロジェクト

高松塚古墳石室解体の技術支援

高松塚古墳石室解体の技術支援

アンコール遺跡修復のための製品寄贈

アンコール遺跡修復のための製品寄贈

花山天文台存続への支援

花山天文台存続への支援

科学体験イベントへの協賛・出展

「子供たちの科学離れを防ごう!」を合い言葉に、地元の大学等が開催する科学体験イベントに出展しています。「てこの原理」「パスカルの原理」「滑車の原理」を学べる実験器具や高所作業車の試乗、空気圧で動く「スケルトンクレーン」操作などを子供たちに体験してもらいました。

科学体験イベントへの協賛・出展

夏休み親子工場見学会の開催

普段は目にする機会がない工場を見学し、当社製品に試乗いただくことで、お子さまにものづくりや技術への理解・興味を深めていただくとともに、夏休みの自由研究の一助になればと考え、毎年実施しています。
2018年度は7月に志度工場で開催し、社内外あわせて42組の親子に参加いただきました。

クレーン試乗の様子
工場見学の様子

ハートフルポケット

さまざまな社会活動を行う団体・個人に対し寄付を行う社員参加型の草の根支援組織として2007年に発足しました。会員となった社員は毎月の給与から100円、賞与から500円を献金し、集まった資金に会社からも同額を合わせて(マッチングギフト)、毎年2回の寄付を行っています。2019年3月までに、延べ52の団体に寄付しました。

Donor organization
Making donations

献血活動等への協力

日本赤十字社の献血サポーターに参加し、年2回、香川県内の各事業所で献血を実施し、毎年400名を超えるグループ社員が協力しています。なお2018年度の献血者数は479名で、香川県の献血全体のおよそ1.47%にあたるそうです。
また地元大学や専門学校の看護学生およそ100名を対象に臨地研修の受け入れを毎年行っています。

献血活動等への協力

社員との約束

健康経営への取り組み

社員の成長こそが、長期目標達成の原動力であり、社員の成長なくして企業の成長はありません。社員一人ひとりが良い仕事をし良い人生を歩むためには、心と身体の健康が重要と捉え、「健康経営宣言」を制定しました。

健康経営優良法人に認定

当社は1981年に「心とからだの健康づくり運動」をスタートし、社内に設置した「体力増進センター」を社員と家族に開放するなど、健康文化の育成に取り組んできました。2018年からは経済産業省・日本健康会議が認定する健康経営優良法人(大規模法人部門)」にも選ばれています。

※健康経営優良法人とは

健康経営とは、従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。健康経営優良法人とは、地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。(経済産業省ホームページより抜粋)

健康経営優良法人に認定

労働環境への取り組み

タダノグループ安全指針の策定

グループ社員の更なる安全意識の向上を目指して、2017年12月に「安全指針カード」を作成しました。表面に「安全への思い」を、裏面には「タダノグループ共通ルール」を掲載しています。本カードは、日本語、英語、ドイツ語、フランス語、タイ語、ヒンディー語の6カ国語で作成し、グループ全社員に配布しています。

安全指針カード
労働災害の発生状況

IR

IR