クッキー(Cookie)の使用について

本サイト(www.tadano.co.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、Webサイトにおける個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

Lifting your dreams
検索

ニュース

2016/04/21

世界最大級ラフテレーンクレーン「GR‐1450EX」日本市場向け新発売のお知らせ

当社はこのたび、世界最大級のラフテレーンクレーン(注1)「GR‐1450EX」を日本市場向けに新発売しますので、その概要をお知らせ致します。
(注1)ラフテレーンクレーン(Rough Terrain Crane)とは?
一つの運転席で、走行とクレーンの操作が行える自走式クレーン。狭隘地での機動性に優れ、コンパクトさと小回り性を活かし、日本で最も活躍しているクレーンの一つです。

1.製品名
ラフテレーンクレーン GR‐1450EX

2.性能
最大吊上げ荷重 145t

3.開発コンセプト
海外の資源開発等の大型プラント建設や、メンテナンスに必要な移動式クレーンの大型化・長尺化と共に、狭所への進入性に優れた大型クレーンの要望にお応えし、2013年8月に世界最大級のラフテレーンクレーンとして海外市場向けに発売。
国内においては、公道を走行する車両としての条件を満たしておらず、車両登録及び公道走行は行えませんが、港湾やプラントの構内で使用される大型移動式クレーンのニーズ等にお応えし、このたび日本市場でも新発売致します。

4.主な特長
①世界最大級のラフテレーンクレーン
日本市場向け当社ラフテレーンクレーンの最大吊上げ能力は70tですが、これを大幅に上回る、世界最大級145t吊りのラフテレーンクレーンを日本市場にも投入します。
本機は、ラフテレーンクレーンで初の「シングル伸縮シリンダ機構(注2)」を採用。ブームはこのクラス最長の61.0mの高強度ラウンドブームで、さらに油圧でジブのチルト角が自在に操作可能な2段バイフォールドパワーチルトジブ装着時には、最大地上揚程78.2mを実現しました。
(注2)内蔵された1本の油圧シリンダがブーム内でスライドし、各段をブーム固定ピンで連結しながら、順次送り出していく伸縮システムです。

②3軸キャリヤ採用による狭所進入性の向上
ラフテレーンクレーンならではの小回り性を生かすコンパクトな3軸キャリヤは、狭所への進入性や機動性に優れています。またカウンタウエイト装着状態での構内移動(注3)も、実現しました。
(注3)本機は、公道走行できません。

③分解搬送システムの採用
カウンタウエイトや、アウトリガの自力着脱可能な、分解搬送システムを実現しました。

④キャブチルト機構搭載
クレーン作業時にキャブ(運転席)を最大15度傾けられるキャブチルト機構を、ラフテレーンクレーンで初採用。高揚程作業における視認性や作業性を大幅に向上させました。

⑤環境への配慮
「燃料消費モニタ(注4)」や「エコ・モード(注5)」、ならびに「ポジティブ・コントロール(注6)」といった、環境に配慮した機能を搭載しました。またディーゼル特殊自動車2014年排出ガス規制にも適合しています。
(注4)クレーンの作業時や走行時の燃料消費情報を常時表示する機能です。
(注5)エンジン最高回転数の制限により燃料消費量を削減する機能です。
(注6)油圧ポンプの吐出量制御により燃料消費量を削減します。

⑥テレマティクスWeb情報サービス「HELLO‐NET」を装備
携帯通信によるクレーンの稼働状況の掌握と、GPSによる位置情報確認、さらに保守管理のための情報を、ウェブサイトでサポートします。使用されている製品の情報をお客様と共有し、一歩進んだサポート・サービスをご提供します。

5.主要諸元

クレーン諸元 GR‐1450EX
最大クレーン容量 145t × 2.5m
最大地上揚程 ブーム 60.0m
ジブ 78.2m
最大作業半径 ブーム 54.0m
ジブ 60.3m
ブーム長さ 13.1m - 61.0m
ジブ長さ 10.3m、18.0m

5.主要諸元

キャリヤ諸元 GR‐1450EX
エンジン名称 カミンズQSB6.7+SCRTier4F
エンジン最大出力 201kW{270PS} / 2,000min-1{rpm}
エンジン最大トルク 990Nm{101kgf-m} / 1,500min-1{rpm}
全長 16,190mm
全幅 3,315mm
全高 3,785mm
車両総重量 91,200kg

6.標準仕様価格
1億6千5百万円(税別)(装備等により異なります)

7.販売見込台数
年間10台

8.発売日
2016年4月22日(金)

GR-1450EX
GR-1450EX

[添付資料]主要諸元・外観図

以上

News Archives