クッキー(Cookie)の使用について

本サイト(www.tadano.co.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、Webサイトにおける個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

Lifting your dreams
検索

ニュース

2015/11/24

高所作業車"スカイボーイ"「AT-170TG」「AT-220TG」発売のお知らせ

当社は、このたび高所作業車"スカイボーイ"「AT-170TG」「AT-220TG」の2機種をモデルチェンジし、同時発売しますので、その概要をお知らせ致します。

1.製品名
スカイボーイ AT-170TG、AT-220TG

2.性能
バスケット最大地上高
AT-170TG:17.2m
AT-220TG:22.4m

3.開発コンセプト
スカイボーイAT-170TG、AT-220TGは、作業範囲拡大による作業効率のアップ、安全性・快適性・利便性の追求、そして環境性能向上とランニングコストの低減を開発コンセプトに、モデルチェンジ致しました。
3tベースのコンパクトな車体を採用しながら、クラス最大の作業範囲を実現。また安全作業の拡充のため、新型AMC(過負荷防止装置:モーメント制御)を開発し、先進の機能と制御を支えます。
さらにクラス初のアイドリング・ストップ機能を標準装備にするなど、作業時のCO2排出や燃料消費、騒音の低減と、環境性能もプラスされ、ますます活躍の場が期待されます。

4.主な特長
①ダントツの作業範囲を実現[AT-170TG]
中型免許(限定)枠の直伸ブームタイプとして、最大作業半径を誇ります。また作業範囲は、AWL制御(作業範囲制御装置)から積載荷重に応じた作業範囲規制が可能となるAML制御(過負荷防止装置:モーメント制御)への変更もあり、従来の17mクラス機に対して飛躍的に拡がりました。

②車両のコンパクト化とクラス最大の作業範囲を実現[AT-220TG]
架装対象車両が3.5t車から3t車クラスになり、車幅や全高がコンパクトに。しかしながら作業範囲は従来機より拡大し、地上高さ19m以下では、27mクラスと同等の作業範囲を確保しています。

③環境にも配慮したアイドリング・ストップ機能とアクセル無段階制御を標準装備[2機種共通]
操作に応じてエンジンが自動停止、スムーズに再始動。CO2排出や燃料消費削減、アイドリング騒音の低減を実現します。またバッテリ上がり回避のために、車両バッテリの電圧監視機能(バッテリモニタ)を装備しました。さらにアクセル無段階制御により、ムダなエンジン回転の上昇を抑えて、作業時の燃料消費も改善しました。

④緩起動・緩停止機能の向上[2機種共通]
旋回や起伏操作の緩起動・緩停止機能が向上。急操作や急停止した場合でも、従来機に比べてブームの揺れが抑えられ、安全性が高まりました。

⑤テレマティクスWEB情報サービス「HELLO-NET」[2機種共通]
大型クレーンで運用中の「テレマティクス」を標準装備。車両故障時における迅速なアフターサービス等に効果を発揮します。
また、「HELLO-NET」で車両の稼働状況や位置情報・保守管理をインターネットでサポートします。(添付資料参照)

5.主要諸元

型式 AT-170TG AT-220TG
バスケット積載荷重 200kgまたは2名
バスケット最大地上高 17.2m 22.4m
バスケット最大作業半径 15.9m 15.2m
ブーム長さ 6.20m - 15.40m 6.85m - 20.65m
ブーム起伏角度 -16° ~ 80° -16° ~ 80°
架装対象車 3.0トン車クラス

6.標準仕様価格
AT-170TG 1,200万円(税別、シャーシ価格含む)
AT-220TG 1,450万円(税別、シャーシ価格含む)

7.年間販売見込台数
150台(2機種合わせて)

8.発売日
2015年11月25日(水)

AT-170TG/220TG
AT-170TG/220TG

AT-170、220TGの製品情報はこちら

以上

News Archives