クッキー(Cookie)の使用について

本サイト(www.tadano.co.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、Webサイトにおける個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

Lifting your dreams
検索

Vol.30 理想とする人

1999/06/01

今月の質問者:吉岡 祐生子さん(情報システム部)~最近のマイブームはハガキを送ることです。しばらく会ってない人に近況報告をしたり毎日会っている人にも日々感じたことを書いて送っています。

vol_30_img1.jpg

「私は今までに"スゴイなー"と感心する人に沢山会いました。特に就職してからは出会うことが多くなりました。憧れている人も大勢います。

名誉相談役が尊敬したり憧れた人はどんな人ですか?

また理想とする人物像はどのような人ですか?

教えてください。


多田野名誉相談役:「航海日誌」も30回目を迎えた。ここまで続いたのは、感想を送ってくださった方、励ましてくださった方々のおかげに他ならない。この場を借りてお礼を申し上げたい。もしそれらがなかったらとっくに潰れていただろう。多くの社員とe-mailを通じて心が通い合ったのも、よかった。

photo06.jpg

あなたの質問に答える前に、私の方から聞きたいことがあります。あなたが今までに"スゴイなー"と感じた人や、憧れた人にどんな人がいたのか、またその人のどんな所に感心し、憧れているのかを是非聞かせて欲しいです。

理想の人物像を探し求めるということは、とても大切です。それは期せずして、自らを高める働きをする積極的思考を促すからです。私もそうした考えから、理想の人物像を捜し求めてきましたが、40才の頃、幸運にも私の人生観を決定的にしてくれた人との出会いがありました。

西田天香さんという方です。この方の思想と、それにともなう行動に敬服すると同時に、ぞっこん惚れ込んでしまいました。私がそれまで持っていた曖昧な人生観に、明確な裏付けと指針を与えてくれ、それを動かないものにしてくれました。この人生観を持って生きるなら、たとえ私の一生がどのような結果になろうと決して悔いはないと思いました。同時に、私は何の為に生まれてきたのか、また何の為に生きるのか、生きる目的は何なのかを気付かせてくれました。

そして、今自分が持っているものは凡て、生命はもとより、財も地位も名誉もあらゆる所有は与えられたもの、預かりものであることを教えてくれました。その証拠に、死ぬ時は何ひとつ持つ事を許されない、凡てを返上してこの世とサヨナラしなければならないからです。今与えられていないものは、社会から必要とされていないのだと気付くことです。

人は、得ることや持つことに捉われている限り、悩み苦しみから逃れることはできないということです。持つことより、今あることを喜べる時、自力で生きているのではない、生かされていることに気付かされます。そこから、得る事に心を煩わされず、他に尽くさずにはおれなくなるということです。

天香さんは、生涯、自分の住む家を持たず、請われるままに全国を講演行脚して、多くの人に感化を与えてきた人です。天香さんの人物像を語るにはあまりにも偉大であって、私の筆の及ぶところではありません。著書も沢山ありますから興味がおありならお貸しします。

航海日誌