クッキー(Cookie)の使用について

本サイト(www.tadano.co.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、Webサイトにおける個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

Lifting your dreams
検索

ニュース

2021/03/01

新型オールテレーンクレーン「AR-7000N」発売のお知らせ

株式会社タダノ
マーケティング部
℡ 03-3621-7715

当社はこのたびオールテレーンクレーン「AR-7000N」を発売しますので、その概要をお知らせします。

1.製品名
オールテレーンクレーン AR-7000N

2.最大吊上げ能力
700t吊り

3.開発コンセプト
 1998年、当社は国内最大のオールテレーンクレーン『AR-5500M』(550t吊り)を発売。画期的な超大型オールテレーンクレーンは、高速道路や橋梁工事などのインフラ整備、大型プラントやビルといった建築やメンテナンス工事など、ロングセラーモデルとして、多様な大型現場での作業ニーズを担ってきました。
 近年、更なる大型化と作業効率の向上という現場の要望にも応え、『AR-7000N』(700t吊り)を新開発。新素材の採用で大幅な軽量化を実現し、『AR-5500M』と同等の寸法・重量を維持しながら、クレーン性能を最大40%向上させました。SDGsの観点では環境負荷の低減のみならず、風力発電などの再生可能エネルギー施設の建設やメンテナンスに貢献するなど、さらに「社会のお役に立つ製品」といえます。

4.主な特長
①国内最大級700t吊り新型モデル登場
 国内最大級の吊上げ能力700tを実現。特に橋梁工事などで使用頻度の高い作業半径20mにおいては、『AR-5500M』から最大約35%の吊り上げ性能が向上しました。さらにブーム性能においては、約10~40%もの大幅な性能向上を実現し、新たな現場のニーズにもお応えします。

②4段ESPブームを新採用
 『AR-5500M』の3段ブームから、新たにブーム長さ43mの「4段ESPブーム」を採用。これにより『AR-5500M』との同条件下の「ラフィングジブ(LJ)」との組み合わせの場合、従来の「フィックスブーム(FB)」の組み立てがなく、組立スペースの確保の不要となり、組み立て時間も短縮できます。
 また「フィックスブーム(FB)」と「ラフィングジブ(LJ)」との組み合わせの場合、最大地上揚程は、 140.5mを実現し、作業領域も大幅に拡がりました。
 (注1)ESPブームとは:ブームを伸縮させるためのシングルシリンダを内蔵。従来のブームよりも軽量化を図り、吊り上げ能力が向上します。
 (注2)フィックスブームとは:4段ESPブームの先端に接続する固定式のブームです。
 (注3)ラフィングジブとは:ブームの先にラチス構造型のジブを装着することにより、任意のジブ長さを設定します。

③走行時や、クレーン作業時のコンパクト性を維持
 超高張力鋼板を採用し大幅な軽量化を実現させたことで、『AR-5500M』と同等な寸法・重量を維持。例えば6段ブーム装着時の構内走行寸法は、『AR-5500M』よりも短い全長18,820mmを実現しました。さらにクレーン作業時のアウトリガ設置幅は9.0m。テールスイングも6.3mと、共に『AR-5500M』と同寸法のコンパクトさで、一回り吊上げ能力の高い『AR-7000N』が活躍できます。
 (注)テールスイングとは:クレーンの旋回体の後端が旋回する範囲のこと。

④新型キャリヤ/キャブを採用
 新デザインのキャリヤとキャブを採用。操作性を向上させる大型ディスプレイによるコントロールシステムなど装備類も、一新しました。さらに運転席(左ハンドル)からは確認しづらいキャリヤ前方右側をカバーするカメラを新装備し、キャブ内のディスプレイで確認できるなど、視認性と安全性を向上させています。また新採用の運転シートは、ドライバーの体型に合わせた各種アジャスタ機能が装備されており、長時間運転でも疲れにくく、安定した走行をサポートします。

⑤「HELLO-NET」 を標準装備
 テレマティクスWeb情報サービス 「HELLO-NET」を標準装備。携帯通信によるクレーンの稼働状況の掌握と、GPSによる位置情報確認、さらに保守管理のための情報をウェブサイトでサポートします。さらにクレーン部とキャリヤ部の分解搬送を行うため、双方に装備しました。
 使用されている製品の情報をお客様と共有し、一歩進んだサポート・サービスをご提供します。

5.主要諸元

クレーン諸元 AR-7000N 4段ESPブーム、フィックスブーム(FB)、ラフィングジブ(LJ)
最大クレーン容量 700t×2.7m(36本掛×2)
最大地上揚程 4段ESPブーム 42.7m(157t)
4段 ESP + FB 55.1m(120.8t)
LJ 140.5m(5.7t)
最大作業半径 4段ESPブーム 40.0m(29.8t)
4段 ESP + FB 52.0m(16.1t)
LJ 110.0m(3.7t)
4段ESPブーム長さ 14.9m ~ 42.5m + 0.5mヘッド
ジブ長さ FB 12.5m
LJ 2.5m + 18m、27m、36m、45m、54m、63m、72m、81m、90m

FB:フィックスブーム仕様   LJ:ラフィングジブ仕様

クレーン諸元 AR-7000N 6段ESPブーム、フルオートラフィングジブ(FLJ)
最大クレーン容量 300t×7.0m(14本掛×2)
最大地上揚程 6段 ESPブーム 63.3m (66.8t)
6段 ESP + FLJ 99.9m (6.5t)
最大作業半径 6段 ESPブーム 62.0m (10.3t)
6段 ESP + FLJ 80.0m (3.3t)
6段ESPブーム長さ 15.0m ~ 64.0m
ジブ長さ FLJ 1.7m + 11.1m ~ 35.1m

FLJ:油圧チルトジブ仕様

キャリヤ諸元 RTF 700-7
最高速度 62km/h
登坂能力 tanθ=0.48
最小回転半径 11.9m
全長 15,990mm
全幅 3,000mm
全高 3,070mm

6.標準仕様価格
8億円[税別] (「フィックスブーム(FB)」「フルオートラフィングジブ(FLJ)」、「油圧チルトジブ(HLJ) 」を含む)

7.販売見込台数
年間6台

8.発売日
2021年3月2日(火)

9.AR-7000N製品紹介サイト
特設サイト: https://www.tadano.co.jp/products/ar-7000n/

製品詳細ページ: https://www.tadano.co.jp/products/ac/ar-7000n/



AR-7000N[ 4段 ESPブーム]

ATF-120N-5.1

AR-7000N[ 6段 ESPブーム]

ATF-120N-5.1
ATF-120N-5.1

[添付資料]製品写真(作業姿勢、構内移動姿勢)・主要諸元・外観図

以上

News Archives