クッキー(Cookie)の使用について

本サイト(www.tadano.co.jp)は、快適にご利用いただくためにクッキー(Cookie)を使用しております。
Cookieの使用に同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
なお本サイトのCookie使用については、Webサイトにおける個人情報の取り扱いについてをご覧ください。

Lifting your dreams
検索

長田 幸三

生産技術部 2019年入社 物流機器メーカー(生産技術)→タダノ

「世界1位」を目指したい 「人財」を育てたい

「世界1位」を目指したい 「人財」を育てたい

前職は物流機器メーカーで生産技術として溶接や組立の生産ラインの設計や設備導入を行っていました。そして工場全体の生産効率を上げるプロジェクトの中で中心メンバーとして、旗振り・まとめ役を担っていました。当時は人員が少なく、さらに若手が少なく、「人を育てる」という部分がなく、自分で「計画し、実行し、まとめる」、いわゆるプレイングマネージャーのような働き方でしたね。

転職を考え始めたのは、あるキッカケでタダノを知ったことからです。それまでは、タダノのことを知らなかったし、転職する気もありませんでした。そんな中、転職を決意したのは、タダノが「世界1位」を目指している、そして目指せる会社だと感じたから。また、若手が多いと聞き、今までできなかった「人を育てる」ことができると思ったからです。

トラブルを解決していくことで、「設備そして人が成長していく」

トラブルを解決していくことで、「設備そして人が成長していく」

現在は、新工場の組立ラインおよび伸縮シリンダライン立上げを担当しています。入社した時には、すでに工場の建築や主な設備設計は終えていて納入されてくる設備を工場へ設置、試運転をして、生産を開始していく段階でした。設備の設置と試運転は設備メーカーと協力し行い、生産開始時は生産部門と協力し行います。しかし、生産というものは生き物と同じで設計時では考えられないようなトラブルが多くでます。特に新工場はIoTなどの電気制御を活かした設備が多くあり、生産中に突然停止したり設計通りの動きをしないなどのトラブルが起きます。チームメンバーと協力しトラブルを解決していくのですが、チームの雰囲気は非常に良く、私とチームメンバーが持っている知識や経験を活かし、協力しあい解決することで「設備そして人が成長していく」非常に充実した日々を過ごしています。
新工場立上げ時に大変だったことは、4名の部下のうち3名が若手で、工場立ち上げも当然初めての経験だったことです。生産技術という業務は知識も重要ですが、経験も非常に重要です。失敗しながらも、立上げという目標を達成し人が成長していくために、任せる・教えるというバランスを取ることが大変でした。そして工場立上げという大きな仕事を若手主体の中でやっていくことは私自身も初めての経験で大変でした。
入社して1年。私が入社した頃に比べて部下の生産技術のレベル向上はもちろん、業務の進め方も変わりました。部下の成長が実感できて、良い感触です。

今後は、私を軽く追い越すような若手を育てていきたいと考えています。また、タダノはグローバル展開を進めています。世界で活躍できる生産技術部員を増やしていきたいです。

タダノの魅力は、"人"にあると思います。人が優しく、温かい。人財を大事にしている会社です。失敗しても人を責めず、「こうしていこう」という前向きなフォローが多く、背中を押してくれます。やりたいことはどんどん任せてくれ、当然、困っている時には上司もフォロー、アドバイスをしてくれます。タダノに入社して良かったと思っています。

転職者インタビュー一覧

採用に関するお問い合わせ先

人事部 人事グループ(採用担当)

お電話にてお問い合わせの場合

お電話にてお問い合わせの場合は

(087)839-5525

メールにてお問い合わせの場合

メールにてお問い合わせの場合は

saiyou@tadano.com

フォームにてお問い合わせの場合

フォームにてお問い合わせの場合は

採用

採用